炮台山の街市(マーケット)|アジア写真帳(香港)

炮台山の街市(マーケット)



 香港の街には街市というところが、あちこちにあります。日本語で言えば市場ということになりますが、まあ、日常品などを買うマーケットということになります。2・3階建ての愛嬌のない建物に入っています。こういう庶民的なマーケットを見ると、現地の人々の日常生活がよく見えます。
 ここは、私の定宿、炮台山(フォートレスヒル)にある城市花園酒店(シティガーデン・ホテル)の近くにある街市。
 案内図によれば、グランド・フロアには、魚屋、肉屋、焼味屋、雑貨屋等があり、
1階では果物、野菜、花、衣服等が売られていて、2階には食堂があります。
さあ、中に入りましょう。


 この街市の入り口にあるのは焼味屋さん。日本でも、こうやって、身近に焼味屋なんかあったら、毎日焼味食っちゃうかもしれないなあ、なんて思うほど、結構旨そうな肉がぶら下がっています。
 子豚、鶏、どれも旨そうでした。


 続いて、グランドフロアの状況です。左手に豚肉屋さん、右手はちょっと分かりづらいけど、魚屋さんでしょうか。
 こうやって地元の主婦が厳しい品定めをしながら買っていきます。生鮮品は街市でないと手に入らないわけではなくて、街のあちこちで売ってますし、WELLCOME(「L」がダブります。)とかパークンショップと言ったスーパーマーケットでも売っているわけですから、新鮮なものを安く販売しないと生き残っていけないのです。


 ここも、グランドフロアです。乾麺屋さんですね。年季の入ったおじさんが売っています。
 実は今回の旅の土産は乾麺にしたのですが、つい1時間ほど前に、駅前のパークンショップで買ったばかりなのです。ここを前から知っておれば、ここで買ったのに、……。
 こういう店の方が旨い麺を売っているような気がするんです。


 では、エスカレータで1階に上がってみましょう。野菜や果物屋さんがありますね。まだ時間が早かったので、衣料品屋さんなどは閉まったままでした。
 2階はやっぱ人が少ないですね。エスカレータをつけても、圧倒的に集客力に問題ありですね。


 1階の果物屋さんです。まあ時期が冬だったせいもあって、あまり珍しいものは置いてないですね。香港で売っている果物、野菜は、中国産が最も多くて、果物だとアジア各地で取れたものもよく売っていますね。
 野菜は、スーパーマーケットだと、アメリカ産も置いていますが、こういう街市だと中国産が殆どですね。

 街市のマーケットを紹介しましたけど、香港のマーケットで最もエキサイティングなのは、やはり北角のトラムの両側に広がるマーケットでしょうか。トラムの車両が市場の人並みに立ち往生しながら進む姿は圧巻です。こちらも必見です。