本文へスキップ

太古広場のZEN|アジアグルメ図鑑(香港)


 太古広場のZEN(オーダー式飲茶)



 短い日程で香港を旅行する時、効率よく買物をする場所として、MTR金鐘駅とつながっている太古廣場(PACIFIC PLACE)はおすすめのスポットです。

 ご覧の通り、ショッピングエリアは3層に分かれていて、高級ブランドは3階に、その他のブランドは2階以下に配置されています。また、イギリスの高級百貨店「レーン・クロフォード」と日本の西武百貨店も広いスペースの店舗を構えています。

 ここで昼食をとるなら、私のおすすめの店「采蝶軒(ZEN)」の飲茶が良いでしょう。この太古廣場の地下にあります。
 采蝶軒は、従来の中華料理店とは異なり、モノトーンを基調としたかなりモダンなインテリアとなっていて、太古廣場の雰囲気にぴったりの、印象的な店です。


 私が香港に行くと、昼食は飲茶にしています。最近は人件費の高騰といった問題があってワゴン式の飲茶ができる店が減ってきました。
日本人観光客としては、せっかくの香港気分を味わいたいですから、ぜひワゴン式の店を探したいのですが、香港島のセントラルのあたりでは、なかなかワゴン式の店が見つかりません。行きやすいところなら、香港大会堂(CITY HALL)にある美心(MAXIM)という店です。

 今回のレストラン采蝶軒はオーダー式の飲茶ですが、香港人に聞くと、オーダー式の方が出来立てを食べられるから好きだという人も少なくありません。

 オーダーして待つこと10分くらいでしょうか。出てきました。 
飲茶といえば、まず、これ、蝦餃(ハウガウ=エビ入り蒸し餃子)です。
これは香港に来たからには絶対に食べなければなりません。プリプリしたエビの食感は、香港ならではです。餃子の皮も透明感があって綺麗です。


 続いて出てきましたのが、広東料理の定番、ローストものです。
 フラッシュがたかれていなかったので綺麗に撮れていませんが、化皮焼乳猪(子豚の皮のロースト)です。実物はもっと茶色でこんがり旨そうに焼けています。
 広東料理のローストものは、そのパリパリ感が決めてです。さすがにここ采蝶軒はパリパリ感があっていいですね。それに、脂っこさ、しつこさもないのがこの店の良いところだと思います。



 続いて出てきましたのが、潮州粉果(潮州風蒸し餃子)です。
 香港では餃子といっても種類が沢山あります。主流は蒸し餃子で、餃子の皮の中に何を入れるかで料理が異なります。この潮州粉果には、エビ、ひき肉ピーナッツが入っています。アツアツの状態で食べるから、おいしいですね。


 今度は上海料理で有名な小籠包です。スープ入りの肉まんです。
 スープをこぼさぬように皮を破らずに食べるのが美味しい食べ方です。口の中でスープがジュワッと広がる感触が最高ですね。旨いです。
 でも、やっぱり上海で食べる小籠包には負けますね。香港で点心を食べるなら、広東式点心を選んだ方が無難です。


 続いての料理は鮮竹巻です。
豚肉やシイタケなどをゆばで巻き、さっと揚げたもので、大変さっぱりした日本人向けの料理です。飲茶ですとどうしても蒸し料理が多くなりがちなので、注文した一品です。


 この昼食の仕上げは福建炒飯です。もともとは福建料理ですが、今では広東料理としても定着しているメニューです。

 普通の炒飯の上に海鮮のあんかけがかかっいる状態で出てきますので、写真のようによくかき混ぜて炒飯とあんかけをなじませた上で食べます。美味しい福建炒飯の一つの条件に具が沢山入っているということがあげられますが、ここ采蝶軒の福建炒飯はそうした点でも合格です。

 もちろん、お味の方も、本当に満足できます。

 この日のデザートはマンゴー風味の西米露です。
 広東料理の定番デザートとしては、西米露(タピオカ入りココナッツミルク)が有名ですが、普通はメロンのスライスが入っています。采蝶軒ではメロンのスライスの代りにマンゴーのジュースが入っているわけです。ですから、普通は白いはずの西米露がオレンジ色になっているわけです。
 まあ、もう一つのデザートの定番、マンゴープリンと西米露を一緒に味わっているような感じですね。

 何だかんだ言っても飲茶は脂っこいですから、お茶を飲みながら食べることが肥満防止の意味で大切ですし、食後の爽快感を味わうためには西米露のようにさっぱりしたデザートを注文したら良いと思います。