ハリウッドロード|アジア写真帳(香港)

ハリウッドロードとキャットストリート



 香港の街を歩いてみて面白いことの一つは、通りによって、街の雰囲気が一変することです。中環(セントラル)のビジネス街・ショッピング街から道一本山寄りのウェリントン街に行けば、香港のB級グルメが軒を並べ、そのまま山を上がれば、蘭桂坊(ランカイフォン)というアイリッシュバーやクラブが並ぶ、欧米風のエリアがあったりします。また、ウェリントン街から西へ行き、ヒルサイドエスカレータを越えたあたりには、街市(マーケット)や路上マーケットがあり、ヒルサイドエスカレータで山を上がれば、ソーホー(SOHO)というエリアがあり、欧米風のレストラン・バーや洒落た香港雑貨の店が軒を連ねる一帯になります。
 上の写真のハリウッドロードは、ヒルサイドエスカレータでSOHOのすぐ下を東西に走る道で、家具屋や高級なアンティークショップが集中しています。
 中環(セントラル)→ウェリントン街→ヒルサイドエスカレータ→ソーホー→ハリウッドロード→キャットストリート→上環というルートは、香港の街の変化を楽しめる私の散歩道です。
 このページではハリウッドロードから、キャットストリートを経て、上環に至るまでをご紹介します。


 
 ハリウッドロードの高級アンティークショップです。目玉が飛び出るような値段が付いています。目の保養をするくらいの軽い気持ちで店の中に入りましょう。

 ところで、ハリウッドロードは漢字で書くと荷李活道と書きます。これは、英語名が先に決まって、その発音にあわせて漢字を当てはめているパターンです。香港の地名や道路の名前のつけ方には、大きく分けて5つあります。
先に中国名があり、この発音を英語名にしたもの 湾仔(WAN CHAI)、尖沙咀(TSIM SHA TSUI)
旺角(MONG KOK)、九龍(KOWLOON)
英語の発音に広東語を当てはめたもの 荷李活道(HOLLYWOOD RD)、
威霊頓街(WELLINGTON ST.)
英語の意味にあわせて広東語を当てはめたもの 皇后大道(QUEEN'S RD.)
太子(PRINCE EDWARD)
先に中国語名があり、その意味を英語で表したもの 北角(NORTH POINT)
炮台山(FORTLESS HILL)
山頂(PEAK)
英語名と中国語名が全く無関係のもの 金鐘(ADMIRALTY)、
?馬地(HAPPY VALLEY)

 以下、私なりに、何故、こんな色々なパターンができてしまったかを考えてみます。英語名と中国名との関係を考えているだけで、香港が楽しくなってしまいます。英語名と中国語名との違いは、香港を歩くとき、実は重要なキーになるものです。というのも、一般の人に英語で地名を言って通じるのは、上の「パターンB」です。とは言え、、中国語的発音にしないと通じづらいものがあります。
 最も一般的な英語の地名のつけ方は「パターンA」で、もともとあった中国語名を英語で書いたものです。例えば、日本の地名もこのパターンですよね。これがノーマルな形だと思います。しかし、我々が、英語表記通りに発音しても、現地の人には通じにくいところがあるから、困るわけです。広東語や中国語には言葉の上げ下げ(声調)というのがあって、これが合ってないと、理解されづらいようです。但し、よく外国人と接触しているような香港人だと、我々の言う英語の地名も理解してくれます。



 
 さて、他のパターンに移りましょう。
 香港というのはイギリスの植民地だった歴史もあって、QUEENとかPRINCE EDWARDといった名前は欠かせないわけで、もともとあった名前をこうした名前に変えてしまったというパターンがあります。これらが「パターンC」です。「パターンD」は、中国語の地名自体に意味があったので、英語に翻訳することができた地名ということでしょう。でも、何故、「九龍」を「NINE DRAGON」と呼ばずに「KOWLOON」と「パターンA」でつけてしまったのかは、私も回答を持ちません。「パターンE」に至っては、何ででたらめに名前決めるのかと、当時のイギリス人や香港人を恨んでしまいます。
 そして、ハリウッドロードのような「パターンB」は、おそらくは植民地時代からイギリス人が比較的住んでいたエリアで、どうしても道路名を英語にする必要があったのではないかと思います。しかも、現地の人にも分かるような名前にしないといけなかった何らかの理由があって、漢字を英語の発音にあわせて当てはめたものにしたのではないかと推測されるわけです。


 話が思いっきり、それてしまいましたが、再びハリウッドロードです。ハリウッドロードでも、比較的西の方(上環寄り)、後ほど紹介する文武廟から西のあたりが見所のエリアです。おそらくは、昔からイギリス人など外国人を主たる得意先として、このエリアに中国の美術品を販売する店が集積していて、それが現在も残っていると言うことではないでしょうか。


 ハリウッドロードで文武廟から東のあたりには、こうした家具屋もいくつかあります。中国家具はどっしりしていて頑丈だし、デザイン的にも洒落たものが多いですね。私の家でも、ダイニングテーブルとチェア、食器棚や書棚、書斎机等々が中国家具です。
 中国家具を買うなら、湾仔(WAN CHAI)の荘士敦道(JOHNSTON RD.)のあたりの方が、店も大きくて種類も豊富に揃っていますので、おすすめです。日本にも送ってくれますよ。


 今度はキャットストリートです。骨董品と言うか、ガラクタと言うか、そういったものを売る店が50件くらい軒を連ねているエリアです。摩羅上街 (Upper Lascar Row) という名前が正式な名前です。
 キャットストリートの語源は、そもそも骨董品を「ねずみの宝物」というふうに呼ぶからだという説(ということは、買いに来る人は猫である。)と、路上に店を広げているので、しゃがんで商品を見る客が猫のようだということで名がついたという説と、両方あります。
 いずれの場合も、買いに来るお客さんは猫ということになります。殆どは白人を中心にした観光客で、地元の人は少ないですね。




 摩羅上街 (Upper Lascar Row)はこんな感じで、路上にも店が出ています。店に置いてある物は 、大概は
ガラクタ品です。でも、何となく掘り出し物があるかも知れないなんて期待もあって、並んでいる商品を見たくなってしまいます。


 毛沢東の置物を並べている路上店です。見るからに毛沢東なので、記念に買うのも一興です。可愛らしいのもありますよね。


 香港の工芸品も多いですね。とは言っても、このあたりの商品は、中国大陸で生産されたものに違いありません。店の構えは立派でも、売られているものは、二流品、三流品です。


 昔のコインもよく売られています。興味のある人には、面白い場所かもしれません。ひょっとしてレアものがあるかもしれませんよ。


 工芸品、コイン、置物、時計、仏像、仏像の頭、等々、多種多様なものが売られています。今日見た中で最も欲しくなったのは、毛沢東の置物ですかね。


 上の写真は、ハリウッドロードにある文武廟です。学問の神として文昌帝が、また武術の神として「三国志」で有名な関羽が祀られています。文武の神様を祀っているので、文武廟と言われています。ここは、地元の人も多いですが、観光客も多いスポットです。

 文武廟の入口です。
 1847年に建てられたので、既に160年を超える歴史を持った寺院です。建物の装飾、屋根の装飾は、さすがに中国らしいものがあります。


 文武廟の内部です。地元の方も沢山参拝に来ています。
 地元の参拝客で一杯です。天井からぶら下がっているのは、渦巻き型の線香です。線香の下に参拝客が献じた線香と一緒になって、建物の中は、線香でモクモクとしています。


 渦巻き線香をアップしてみましょう。
 線香の下に赤い紙が垂れていますが、この紙には、参拝客が書いた願い事が記されています。渦巻き線香が燃え尽きるまで、約3週間かかるといわれていますが、燃え尽きると、願い事が叶うといわれているそうです。


 地元の参拝客が多いので、ここではフラッシュをたいて写真を撮ってはいけません。願い事の邪魔をしているように思われてしまいます。私も、カメラを高感度にして撮影しています。最低限のマナーは守りましょう。