本文へスキップ

美心・翠園、香港空港で飲茶|アジアグルメ図鑑(香港)


 翠園(ジェイドガーデン)香港空港店 香港空港で飲茶


翠園(ジェイドガーデン)は高級飲茶店

翠園(ジェイドガーデン)香港空港店

 
香港空港から日本に帰るとき、最後にもう一度飲茶したいなと思う日本人は少なくないようです。年にたびたび香港を訪問している私も、時々そんな気持ちになります。結論から言いますと、残念ながら香港空港には良い飲茶店はないというのが私の考え方で、ただそれを承知していても、やはり空港で飲茶したいという方のために、空港で飲茶ができるレストランを二店紹介したいと思います。

 一つはマキシムグループの翠園(ジェイドガーデン)です。香港市内でも高級店として有名なジェイドガーデンですから、私も期待して入ったのですが、料金が高いだけでサービスや味の面では香港の街中で食べる飲茶屋さんの方が私には合います。
 この日は深圳からスカイリモに乗って香港空港に来たのですが、あまりにも早く着きすぎて時間が余っていたので、航空会社のラウンジだけでは時間をつぶしきれないと思って、翠園(ジェイドガーデン)に来たのです。因みに深圳の福田バスステーションから香港空港まで1時間弱で着いてしまったのです。

 
翠園(ジェイドガーデン)香港空港店

  大事なことを書き忘れていました。ここ翠園(ジェイドガーデン)は香港空港第一旅客ターミナルの中にあって、イミグレーションよりも手前にあります。したがって、航空会社カウンターで搭乗手続きをしたら、出境手続前に立ち寄る必要があります。出発フロアーで航空会社のカウンターが並んでいる階の一つ上にあって、翠園(ジェイドガーデン)からは各航空会社のカウンターを見下ろすことになります。大きな看板が出ていますので、出発フロアーからすぐ探せると思います。

 

 さて、例によりテーブルに通され、普洱茶を注文し、点心のオーダーシートで点心を注文します。高いだけあっておいしい普洱茶です。 点心もかなり高いですね。メニューに日本語はついていませんが、写真がついているメニューも多いですから、言葉に自信がない方も指差しで注文できるはずです。

ウサギの形をしたエビ餃子、翠園(ジェイドガーデン)香港空港店

 さて、エビ餃子(ハーガウ)です。ウサギの形をしていて可愛いですね。こういう点心を像形点心と言って、広州の泮渓酒家が有名です。このように見た目は良いのですが、肝心の味はどうなんでしょう。
 食べてみると、ちょっと皮が固いです。蒸し方の問題だろうと思いますが、何時間か経ってから蒸し直したみたいな皮の感触です。エビもプリプリ感がなく、冷凍エビを戻したかのような感じです。ここには観光客くらいしか来ないだろうくらいに思って、残り物の素材を集めているのではないかなどと勘繰りたくなります。私が香港で100回以上食べたエビ餃子(ハーガウ)の中で最低とは言わないものの、美味しくない方から三番目くらいに入れて良い味です。たまたまこの日の味がそうであっただけなのかもしれませんが、高級店なのですから、味の品質には注意してもらいたいと思います。

翠園(ジェイドガーデン)香港空港店の点心

 私の大好物、鮮竹牛肉玉です。ここの鮮竹牛肉玉は牛肉の臭みが比較的少なくて観光客向きですね。いつもの大衆点の味に比べれば、よく言えば洗練されている上品な味です。観光客がたくさん訪れるレストランですから、食べやすい味になっていると思います。それでも、一緒に運ばれてくる酢をつけて食べた方がさらに食べやすさが増し、美味しくなると思います。
 美味しい牛肉玉だと思います。

翠園(ジェイドガーデン)香港空港店で飲茶
 
 最初にも書きましたが、残念ながら香港空港には私おすすめの飲茶レストランはありません。だけど、香港を去るに当たり、やはり空港で飲茶したいという方のために、空港で飲茶をするなら、マキシムグループの翠園(ジェイドガーデン)なのかなという気がします。ただ、さきほど書いた通り、エビ餃子(ハーガウ)の味があまりにもひどすぎたので、ちょっと気が引けます。。
 香港空港で香港らしい昼食を食べたいということで点心にこだわらないなら、潮州料理の名店、阿鴻小吃がおすすめですね。



 出境手続後なら百楽潮州酒家

香港空港の百楽潮州酒家で飲茶
 
 香港空港で最後の飲茶をしたいけど、出境手続をしてすべての手続きを終了してあとは飛行機に乗るだけという状況にした後に食べたいということであれば、百楽潮州酒家があります。潮州料理レストランです。潮州料理は広東料理の一つの種類ですから、当然ながら点心も得意にしてます。
 場所はファストフード店などが集まっているエリアの隣です。このフロアに来ると店舗名の出ている他りやすい地図があちこちに掲示されていますので、それを見ればすぐに分かると思います。

香港空港の百楽潮州酒家のメニュー
 
 上の写真のように点心メニューもいろいろあります。また、朝食セットやランチセットなどのセットメニューもありますので、セットメニューを選ぶ方法もあります。

香港空港の百楽潮州酒家で飲茶

 私がこの日選んだのは、焼売とチャーシュー饅頭です。味は極めて一般的です。香港の街中の水準に比較すると値段が高いのは、空港の、しかもイミグレーション後という場所を考えればやむを得ないでしょう。コスト対効果で言えば、百楽潮州酒家の方が翠園よりベターだと言えるかもしれません。
 ここ百楽潮州酒家にしても翠園にしても、日本では食べられない水準の点心を食べられるという点では、価値があります。香港とお別れする前にもう一度飲茶をする、そんな気持ちを満たしてくれるこの二つのレストランにはそれなりの価値があると私は思っています。実際に、これら二つのレストランでは日本語をよく耳にします。それだけ日本人のお客さんも少なくないということです。
 点心好きの日本人は多いですからね。かく言う私もその一人なのです。

香港での街歩きやグルメ探訪の必需品  「歩く香港&マカオ」

 香港は昔私が3年間住んでいた街です。また、今でも年に数回訪問する街です。そんな私が利用している香港のガイドブックはこれ、「歩く香港」です。新しいビルが次々に建設されている香港の街歩きをするには、最新の地図代わりになるガイドブックが欲しいものです。
 この「歩く香港」では、主要駅を中心に駅周辺のショッピングやグルメの店が紹介されていますので、その点が使いやすいのです。駅ごとに出ている詳細な地図は、私の香港歩きに欠かせません。薄くて軽いことも嬉しいことです。
 さらに言えば、私が買っているのはKindle版です。ご承知のようにKindle版はKindle端末に加え、iPhone、iPadやAndroid端末でも利用できます。私は事前にAndroidのタブレットにダウンロードしていますから、ネット環境がないところでも、旅行先でいつでも自由に情報にアクセスできるのです。