本文へスキップ

順徳の鳳城酒家本店で本場の飲茶|アジアグルメ図鑑(香港)


 順徳の鳳城酒家本店で本場の飲茶


順徳とは


 鳳城酒家は香港に9店舗を有する老舗のチェーン店です。伝統的な広東料理を得意とするレストランで、どの店舗も評判は悪くありません。私も太子にある本店のほか、上環店、北角店、銅羅湾店を利用したことがあります。なかでは、本店と北角店が老舗の風格を感じさせてくれるので特に気に入っています。また、上環店は、早茶(朝飲茶)の時間に私が最もよく利用する店でもあります。上の写真は本店の特製粽です。蒸籠いっぱいに一つの大きな粽が入っていて、開けた瞬間に美味しい香りが漂います。
 鳳城酒家の発祥は広東省の順徳です。順徳料理(順徳菜)という名前を聞いたことがあるでしょうか。知っている方はかなりの中華料理通です。順徳料理は広東料理の一つで、もともと広東料理の源流の一つだと言われています。香港にある鳳城酒家などは順徳料理レストランですので、香港に来られた方は知らない間に順徳料理を食べているかもしれません。広州に近いのでその料理や味付けが広東料理に呑み込まれてしまったという風に考えると分かりやすいです。

順徳の地図
 
  順徳の位置は上の地図で見る通り広州のすぐ南です。赤いマークを付けた位置が新幹線(広珠城際鉄道)順徳駅の場所です。2018年9月に広深港高鉄(高速鉄道)が香港まで延伸されたので、香港から広州南まで47分で行けるようになりました。広州南から順徳までは別の新幹線(広珠城際鉄道)でわずか10分ですから、香港から新幹線で行けば乗換時間を入れて1時間余で行くことができます。広州南駅から広州中心部までは地下鉄で1時間くらいかかりますから、グルメ旅行をするなら、広州よりも順徳に行った方が時間がかからないということになります。
 今回、順徳区(仏山市)まで行きましたが、観光地としては清暉園という清代の名庭園はあるものの、それ以外は特に見るべきものはないという郊外の街です。

順徳鳳城酒家、入口

 そんな順徳の中にある鳳城酒家です。広い店内はゆったりしていて現代的ですが、入口だけは老舗の面影を残しています。
 せっかく順徳に来たのですから本来は鳳城酒家で本場の順徳料理を味わうべきなのですが、今回は一泊でしたから以前に行ったことがある香雲紗園林ホテルにある香雲軒というレストランで夕食をとりました。順徳料理については香雲軒の記事を参照してください。



順徳鳳城酒家

順徳鳳城酒家

 上の写真は順徳鳳城酒家の店頭です。玄関横に大きないけすがあって、そこで素材を選び料理を注文できるようになっています。これは中国にあるレストランでよく見られるものです。

順徳鳳城酒家

 玄関横の棚には酒があったり茶具や景徳鎮の置物があったりして、老舗の風格を感じさせます。

順徳鳳城酒家の茶具セット茶具セット

 店内に入るとテーブル横に茶具のセットが設置されています。テーブルで自分でお茶を淹れながら食事ができるような仕組みです。
 鳳城酒家に入りテーブルに着くと、店員が質問してくるのは人数とお茶の種類です。様々な種類のお茶が用意されていますが、私が飲茶の時に飲むのは決まって普洱茶(プーアー茶)です。普洱茶は中華料理に合いますし、油を落としてくれる作用があるので、飲茶に欠かせないのです。

お茶を淹れてくれる順徳鳳城酒家のスタッフ

 中国茶の一杯目は洗茶と言って茶葉を洗います。日本人は一杯目が美味しいのにもったいないと思うかもしれませんが、中国茶は二杯目からが美味しいのです。それと実際に茶葉をきれいにするという意味合いもあります。その洗茶をして中国茶を飲める状態にまでの作業はスタッフがしてくれます。以降は自分でお茶を淹れることになりますが、気の利くスタッフはお茶の減り具合を見ながらサポートをしてくれます。
 飲茶というのはお茶を飲むのが主目的ですから、点心など料理の注文を急ぐ必要はありません。日本語や英語のメニューなどないですから、漢字とにらめっこしてメニューをじっくり選択してください。



 順徳鳳城酒家の美味しい点心の数々

可愛いウサギのココナッツプリン(順徳鳳城酒家)

 順徳鳳城酒家のメニューは香港鳳城酒家のメニューとは異なります。そもそも香港鳳城酒家は店によってもメニューに違いがあります。
 さて、順徳鳳城酒家の人気点心の一つがこれ、可愛いウサギのココナッツプリンです。こういう動物をかたどった点心を造型点心といいますが、広州の泮渓酒家が特に有名です。

可愛いウサギのココナッツプリン(順徳鳳城酒家)

 食べるのがもったいないくらい可愛い。という気持ちがある一方で、食べてしまいたいくらい可愛いという言葉もあるくらいで、こんな可愛い点心を見ると食欲が湧いてきてしまいます。美味しいです。この点心、可愛くて美味しいです。

手の込んだ焼売(順徳鳳城酒家)

 蟹子を乗せた焼売。焼売の中にはエビやシイタケも入っていて手が込んだ焼売です。香港や深圳、広州の焼売を食べ慣れていると、この焼売はビジュアル的に今一つなのですが、食べてみるとさすがに違います。玄人好みの焼売ということができるでしょう。日本の中華街の焼売やましてや崎陽軒の焼売が美味しいと言われている方には、目玉が飛び出してしまうくらいの美味しさだと思います。

かぼちゃのムース(順徳鳳城酒家)

 かぼちゃのムースです。冷たいデザートで、かぼちゃの甘さが生かされた点心です。美味しいお茶を飲みながら食後につまむデザートとしておすすめです。お腹が空いていない時に飲茶する場合もこの点心はおすすめです。お茶菓子として普洱茶によく合います。

焼いた粽(順徳鳳城酒家)

 単語浙の時に行ったので、焼いた粽がありました。香港の鳳城酒家本店でいつも美味しい粽を食べていて、たまには焼いた粽も良いかなと思って注文しました。結果的には失敗です。日本人には向かない味でした。



本場の陳村粉は注文必須のメニュー

順徳で食べた本場の陳村粉(鳳城酒家)

 陳村粉です。陳村粉は順徳の陳村で生まれた米から作られた麺です。順徳に来たからには本場の陳村粉を食べないわけにはいきません。
 同じようなものに河粉というのがありますが、これは広州近辺で作られ始めたものです。どちらも日本で言うときしめんみたいな形状をしています。陳村粉は香港の鳳城酒家などでも食べられますが、日本ではあまり知られていない麺ですね。

順徳で食べた本場の陳村粉(鳳城酒家)

 作りたての陳村粉のようで、とにかく美味いです。乗っている具と相性が良いせいもあるかもしれません。香港や深圳あたりで陳村粉を食べると、たいていは排骨が乗っています。それが陳村粉のデフォルトかと思っていましたが、順徳に来たら排骨が乗っていないのでびっくりしました。この方が美味しいですね。具が美味しいのか、陳村粉自体が美味しいのか、あるいは、具と陳村粉との相性が良いのか、とにかく美味いのです。

順徳で食べた本場の陳村粉(鳳城酒家)

 実は、この陳村粉を食べたのは朝です。朝8時の開店とともに入り、朝食として他の点心と合わせて食べました。そして、実は一人飲茶です。朝からあれだけの量の陳村粉を完食したのです。美味しくなかったら食べきれるはずもありません。
 上で書いた通り、私はよく鳳城酒家上環店で早茶(朝飲茶)をしますが、上環店で食べる陳村粉も美味しいです。でも、本場順徳での陳村粉はそれをはるかに上回る美味しさでした。

 順徳の鳳城酒家、予想を上回る充実度でした。今度は夕食時に本格的な順徳料理を味わいたいですね。

鳳城酒家上環店の本場の綾魚球

 上の写真は鳳城酒家上環店で食べた綾魚球です。順徳生まれの点心です。順徳料理に興味を持ったら、まずは香港の鳳城酒家で食べてみて、味が気に入ったらぜひ順徳まで足を伸ばしてみてください。