本文へスキップ

広州では夜食も飲茶(点心)、銀灯食府


 広州では夜食も飲茶(点心)、銀灯食府



 他のページでも書いていますように、広州では夜中も飲茶ができます。
 一杯飲むと、日本人、特に関東の人は、ラーメンを食いたくなりますから、関東から北の駅前にはラーメン屋が多いような気がします。逆に、関西はそれほどでもなくて、むしろお好み焼き屋の方が目に付きます。
 では、広州はどうでしょう? この日の広州の夜(海珠広場近くに泊まっていました)は、ラーメン屋もなければ、もちろん、お好み焼き屋もありません。あるのは、この飲茶屋だけでした。
 海珠広場の脇に立つ広州賓館の中にある中華レストラン、銀灯食府は気軽に入れるレストランで、地元の人で結構混んでいる人気店のようです。実際にWEBで現地での評判を調べてみると、この銀灯食府は評価がかなり高いレストランでした。
 夜中、腹が減った私は、ラーメン代わりにこの店で飲茶です。テーブルにはオーダーシートが置いてあります。


 まず定番の蟹焼売です。
 日本の焼売に比べると、いや、比べられないくらい、この店の方が旨いです。
 でも、同じ広州の蓮香楼に比べると、ちょっと落ちますね。具体的には、ひとつは、味付けです。蓮香論の方が繊細というか、重たくないというか、さっぱりしているのかな。二つ目は、見た目です。焼売が四つくっついて出てくるのでは興醒めです。


 クラゲとからし菜の蒸し餃子です。これ、さっぱりしていて、おいしいです。餃子の皮も薄くて美味しいし、満足です。見た目も綺麗で、食欲をそそりますね。


 今日のメインディッシュのつもりで注文したのが、この料理。マンゴーのサクサク揚げ入りサラダです。が、来てみたら殆ど野菜サラダ、それも大盛りでした。
 これ、一番高い「頂点」だったのに、がっかり。頂点ですから、まさか殆ど野菜だけとは思いもつきませんでした。でも、ここの頂点は15元ですから、大盛りサラダが日本円で200円だと思えば安いものです。と自らを慰めながら、一番上の写真にあるメニューを見ながら、もう一品探すことにします。


 そこで注文したのが、「エビと果物のサクサク揚げ」です。マヨネーズをつけて食べます。少し脂っこいですが、まずまず合格です。大きな野菜サラダ(?)もありますので、少し脂っこくても問題ないですね。
夜中に、こんな風に点心をつまみながら、お茶を飲むのも悪くないですね。この店、夜中の12時を回っているのに、まだまだ、沢山のお客さんが残っています。日本人の、夜中にラーメンを食う習慣よりも体には良さそうです。というのも、飲茶だとどうしてもお茶をたくさん飲むようになるので、油が分解されるからです。
 明日も爽快な目覚めが期待できそうです。




姉妹ページのご紹介

中国茶でダイエットしたい人、血糖値などを下げたい人、必見のページ

中国茶でダイエット,そして健康

ダイエットや糖尿病などの生活習慣病対策で中国茶を飲む日本人が増えています。
私は中国茶を毎日飲むことで、3ヶ月に7kgのダイエットに成功しました。
おまけに、血糖値や中性脂肪の値も大幅に改善しました。

中国茶を正しく飲んでもらうためのイロハを、中国の文献を翻訳して紹介しています。
お茶ダイエットの基本 中国茶の飲み方、31箇条 糖尿病・血糖値と中国茶
中国茶と腹部脂肪(肥満防止) お茶と脳血管病(心筋梗塞) 愛煙家は毎日お茶を飲むべき