アジア写真帳(アユタヤ)

本文へスキップ

アユタヤのワット・チャイ・ワッタラナーム

 

 アユタヤ王朝は、14世紀から18世紀にかけて約400年続いた独立王国です。山田長政が勇名を馳せたのもこのアユタヤ王朝です。もともとスコータイ王朝の中の都市国家の一つが独立して王朝を開いたもので、17世紀になると、アジアの近隣諸国にとどまらず、ポルトガル・スペイン・オランダ・フランスといったヨーロッパ諸国との交易も盛んになり、シャムという名で知られる国となりました。
 このシャム(SIAM)という名が、今でもタイの国の会社やホテルの名前によく使われています。最近は、日本では一般的に「サイアム」という呼び方をしていますが、最初に「SIAM」という名を日本に持ち込んだ日本人が「シャム」という呼び方をしたのでしょう。タイ国内での実際の発音は「シーアム」に近いと思います。

 アユタヤ王朝は、35代の王による417年の歴史を持つ国ですが、1767年ビルマ(ミャンマー)との戦争で破れ、滅びました。栄華を誇った王国ですが、ビルマ軍の攻撃により、建物は相当に破壊・略奪され、今では、その廃墟から当時の栄華を思い浮かべるしかありません。ぜひ皆さんも、廃墟を目の前にして、当時の遠い昔のアユタヤの隆盛ぶりを想像してみて下さい。

 ところで、現在のアユタヤは、バンコクから高速道路で約1時間、列車で約1時間半の距離にある田舎町です。アユタヤを訪れたら、ぜひ、アユタヤの市街も散策してみてください。バンコクにはない、のんびりした、いかにもタイらしい街角、タイらしい生活を垣間見ることができます。

 アユタヤはタイのルーツです。ぜひ、一度訪ねてみる価値のある街だと言えます。



アジア写真帳(アユタヤ)目次

アユタヤの寺院 アユタヤの街
ワット・チャイ・ヤイ・モンコン
ワット・ヤイ・
チャイ・モンコン
 
   アユタヤの市場で朝食
  チャオプロム市場で朝食
ワット・チャイ・ワッタラナームワット・チャイ・
ワッタラナーム
   川沿いのレストランで昼食
   川沿いのレストランで昼食
ワット・プラ・シー・サンペット
ワット・プラ・
シー・サンペット
   

アユタヤへの行き方、アユタヤのまわり方
ワット・マハタート
  ワット・マハタート
  ロットゥーでアユタヤへ
 ロットゥーでアユタヤへ  
ワット・ラチャブラーナ
 ワット・ラチャブラーナ
   
  タイ国鉄でアユタヤへ
 ワット・プララーム
 ワット・プララーム
   アユタヤ見学にはトゥクトゥク
 アユタヤ観光はトゥクトゥクが便利
 
 ワット・ロカヤスタ
 
  
ヴィハーン・プラ・
モンコン・ボピット
 
アジア写真帳(タイ)

アジアグルメ図鑑(バンコク)
 



 

安いチケット・ツアーを探してタイに行きしょう!

「アジア写真帳」や「アジアグルメ図鑑」をご覧になってタイに行きたくなった人は
アジア写真帳専用サイトから安いチケット・ツアーを探してみましょう。
 チケットはこちらをクリック  ツアーはこちらをクリック