本文へスキップ

日本人観光客向けの味、プアンゲーオ|アジアグルメ図鑑(バンコク)

日本人観光客向けの味、プアンゲーオ−アジアグルメ図鑑(バンコク)


 スクンビットにあるタイ料理レストラン、プアンゲーオは20年以上の歴史を持つ老舗レストランです。プアンゲーオのあるアソークの付近をはじめ、スクンビットには多くの日本人が住んでいますが、そのバンコクに住む日本人から高い評価を得ているのが、このプアンゲーオです。最寄駅はアソーク駅です。近くにはワナカームバーンカニタなどレベルの高いレストランがあります。地図はバーンカニタのページをご覧ください。
 今回は家族と3人でのバンコク旅行で、実は辛いものが苦手な家族二人は、もうタイ料理は食べたくないと泣きそうな顔をしています。それでもタイ料理を食べたい私は、現地の日本人に人気のある店なら日本人向けの味付けが期待できるだろう、ということで、辛くないタイ料理を期待して、このレストラン、プランゲーオに来たわけです。
 期待通り、辛くない日本人向けのタイ料理に出会えるでしょうか。


 まず、定番のパックブン・ファイデン(空心菜のオイスターソース炒め)です。ニンニクや唐辛子の効かせ方で味付けが変わってくる料理です。でも、それ以上に大切なのは、 空心菜がシャキシャキした感じで炒め上がっているかということで、それは短時間に強火で炒めているかどうかにかかっています。そもそも「ファイデン」とは炎が出ている様子を意味するタイ語ですから、鍋から火が立ち上るように強火で炒める料理なのです。
 で、プアンケーオのパックブン・ファイデンは、空心菜がシャキシャキしていて合格です。ニンニクはよく効いていて唐辛子はほどほどに(私には物足りないのですが)効いています。この味は、我が家の辛いもの苦手家族に大好評です。


 さて、次は私の大好物、コームーヤーン(豚ののど肉のバーベキュー)です 。これはイサーン地方の料理です。イサーン料理には辛い料理が多いのですが、ガイヤーン(タイの焼き鳥)などと同じでタレの辛さが店によって違います。タレが辛いレストランでしたらあまりタレをつけないようにすれば辛い料理が苦手な人でも食べられますから、辛い料理が苦手な家族でも大丈夫なはずの料理なのです。
 プアンゲーオのコームーヤーンはこりこりしていて歯ごたえがいいですね。噛めば噛むほど味が出てきて最高です。そしてタレです。ちょっと辛めかなと思いますが、大したことはありません。うちの家族からの評判はどうでしょうか。
 やっぱりこれでも辛すぎるなどと苦言を呈されてしまいました。でも、肉の焼き具合が良いので好評でした。




 そして、仕上げはカレーにしました。家族向けにはイエローカレーの甘口です。イエローカレーはターメリックをベースにしているカレーで、タイのカレーの中では辛さはマイルドなものです。しかも、プランゲーオのイエローカレーですから、さらにさらに味はマイルドなのです。 もちろん日本のバー○ントカレーなどと比べると刺激的な味なのではありますが、このカレーにはうちの家族も大喜びです。確かに、日本人に好まれるレストランだけのことはあります。
 私には刺激不足なので不評だったことは言うまでもありません。


 私用には、鶏肉入りのグリーンカレーを注文しました。そもそもグリーンカレーは青唐辛子(プリッキーヌ)を使った味付けで、タイカレーのなかでは一般的に最も辛いものです。でも、激辛が好きな私としては ここプランゲーオの味付けにはちょっと不安があるので、「辛くしてね」という一言を忘れませんでした。
 出来上がってみると、なるほど私も満足できるグリーンカレーです。

 今回は家族への配慮もあって来たプランゲーオですが、家族にも好評だったのでまずまず合格です。私としても、辛くしてくれという一言さえ付け加えれば、まずまずの味付けになりますので、一定満足できる水準です。辛い料理が苦手な人とバンコクでタイ料理を食べるときには、このプランゲーオは良いかもしれません。
 でも、総合的に考えれば、アソーク近辺であればワナカームやちょっと高いけどバーンカニタの方がおすすめでしょうね。


  グルメ情報を集めた「アジアグルメ図鑑(バンコク特集)」のトップページはこちらです。


美味しいタイ料理のメニュー タイのB級グルメ

管理人がおすすめするバンコクの本

歩くバンコク 2017-2018

 私が愛用しているバンコクのガイドブックはこれ、「歩くバンコク」です。新しいビルが次々に建設されているバンコクの街歩きをするには、最新の地図代わりになるガイドブックが欲しいものです。
 地下鉄やBTS(スカイトレイン)が開通したり延長されたりした結果、バンコクでの私の歩き方は、地下鉄やBTSの駅を中心に考えるようになってきました。この「歩くバンコク」では、主要駅を中心に駅周辺のショッピングやグルメの店を紹介していますので、その点が使いやすいのです。駅ごとに出ている詳細な地図は、私のバンコク歩きに欠かせません。薄くて軽いことも、街歩きの地図としての位置づけからすれば、嬉しいことです。
 さらに言えば、私が買っているのはKindle版です。ご承知のようにKindle版はKindle端末に加え、iPadやAndroid端末でも利用できます。私はiPadにダウンロードしていますから、旅行先にタブレットを持っていけば、ネット環境がない場所でもいつでも自由に情報にアクセスできるのです。これはバンコクの街歩きに欠かせません。




アジアグルメ図鑑(バンコク特集)


アジアグルメ図鑑(バンコク)は
Yahoo! カテゴリに登録
されている優良サイトです。




あなたは

人目の食いしん坊 です

何を食べたいですか

シーフードが食べたい

海鮮の有名店、ソンブーン
おすすめクアンシーフード
トンブリの名店、ソンポシャーナ
ピーオーのトムヤムクンラーメン
決定版!源利大飯店
(源利大飯店は閉店)
港町マハチャイでシーフード
パタヤビーチのプラジャンバーン
ジョムティエンのリムタレー
ジョムティエンのプーペン

美味しいガイヤーン

ガイヤーンの珍平酒楼
ガイヤーンのラープランスアン
(ラープランスアンは閉店)

美味しいカオマンガイ

ピンクのカオマンガイ
(ガイトーン・プラトゥーナム)

クロントーイのソンポン
緑のカオマンガイ
サウスパタヤのカオマンガイ屋台

 たまには高級店

 スコータイホテルのセラドン
高級レストラン、バーンカニタ
一軒屋レストラン、ワナカーム
日本人向けのプアンゲーオ
激辛、南部タイ料理のプライ・ラヤ

 タイ風中華料理

 ヤワラーでフカヒレ、和盛豊
和盛豊セントラルワールドプラザ店
ヤワラーの陳再裕
ガイヤーンの珍平酒楼
ヤワラーのシャングリラ
人気の中華、クリスタルジェイド

B級グルメが好き

 ピーオーのトムヤムクンラーメン
クロントーイの牛肉麺、威春王
人気タイラーメン店、ルンルアン
クーポン食堂(フードコート)
MKでタイスキ


 どこで食べますか

スクンヴィットで
 スコータイホテルのセラドン
高級レストラン、バーンカニタ
一軒屋レストラン、ワナカーム
日本人向けのプアンゲーオ
激辛、南部タイ料理のプライ・ラヤ
和盛豊セントラルワールドプラザ店
人気の中華、クリスタルジェイド
人気タイラーメン店、ルンルアン

サイアムスクエアで

バーン・クン・メー
クルア・サトーン

ヤワラーのおすすめ店

ヤワラーでフカヒレ、和盛豊
ヤワラーの陳再裕
ヤワラーのT&Kシーフード
ヤワラーのシャングリラ
ヤワラートの屋台街

屋台で食べる

惣菜屋台(おかず屋)でカレー
私の好きなラチャダーの屋台
ヤワラート(中華街)の屋台街

シーロムで食べる

ソムタムの名門「ハイ」
タニヤ近くのシーファー
イサーン料理のノースイーストタイ

トンブリで食べる

海鮮の名店、ソンポチャーナ

東京でおすすめのタイ料理店タムさんのタイ料理レストラン、バーン・タム

 タイ料理の美味しい食べ方

タイ料理の美味しい食べ方 

 注文するためのタイ語を覚える
美味しいお店とは?
料理の組み合わせ方

サラダ系メニュー
タイの美味しいスープ
肉料理とシーフード料理
B級グルメ編
(クイッティオ、カレー等)


海外旅行の最新情報 地球の歩き方
海外旅行の最新情報

その他のエリア情報

パタヤのグルメ

シーフードのプラジャンバーン
ジョムティエンのリムタレー
地元で人気のシーフード,プーペン
創作タイ料理 メイズ・アーバン
ナクルアのレストラン、マイタイ
ジェイドンでローカルなタイ料理
ビーチ一望のクーポン食堂
朝食はカオマンガイ
サウスパタヤのカオマンガイ屋台
マッサマンカレー、デンダム
イエローカレー味ステーキ
ナクルアの食堂、ソムタムパパイ
本格的パストラミサンド
カフェ、バゲットのパンとケーキ
バンコクからパタヤへの行き方

チェンマイのグルメ

カオソーイ、ラムドゥアン
旨いカオマンガイの店
惣菜・カレーのアルーンライ
ロットヌンのクイッティオ
ピン川沿いの名店、ターナム

【番外編】
日本で食べたタイ料理
伝説のシェフ、タムさんの店
バーン・タム(新大久保)


サイフォン(東京・小岩)
いなかむら(東京・小岩)
ガイトーン東京(東京・渋谷)
東京カオマンガイ(東京・神田)

 「番外編」
クアラランプールのグルメ
本場のフィッシュヘッドカレー
マダム・クワンズのラクサ