本文へスキップ

クロントーイ、威春王の牛肉麺とソンポンのカオマンガイ−アジアグルメ図鑑(バンコク)

威春王の牛肉麺とソンポンのカオマンガイ−アジアグルメ図鑑(バンコク)

 クロントーイのラーメン屋、威春王



 クロントーイ市場は、タイの首都、バンコクの台所。東京で言えば、築地市場のようなものです。とにかく広い敷地内に無数の店が出店していて、見て回るだけでも楽しくなってしまう市場です。
 そのクロントーイ市場の近くに、昔、1990年ごろ、私が初めてタイに行ったときに、タイ人の銀行マンに連れて行ってもらった美味しいラーメン屋(牛肉ラーメンの威春王)があります。地元の人には有名なクイッティオの名店です。また、その隣には美味しいカオマンガイを食べさせてくれるソンポンという店があります。このページでは威春王の牛肉ラーメンとソンポンのカオマンガイを紹介します。ソンポンのカオマンガイをすぐに見たい人はこちらをクリックしてください。

 
  バンコクに地下鉄が走るようになって、クロントーイ市場へのアクセスが大変良くなりました。ルンピニ駅からスクンビット駅に向かって一つ目にクロントーイ駅ができましたので、クロントーイ・マーケットへは、このクロントーイ駅から歩いて5分くらいになりました。
 クロントーイ駅から市場まで歩く途中には、沢山の屋台や食堂があって、B級グルメ大好きな私にとって心踊るエリアです。上の写真はいくつかの屋台のある広場のようなところで、たくさんの人たちが朝食を食べています。こんな新聞を見ながら食事している人たちを見ていると、香港の伝統的な飲茶屋の光景を思い出してしまいます。


 道路わきには朝からたくさんの屋台が店を広げています。
 上の写真の屋台では、クイッティオが30〜40バーツです。日本円でほぼ100円とちょっとです。嬉しい値段ですね。


 こういう屋台も沢山あるんです。あの店にも入りたい、この店にも入りたいと、気持ちは高ぶりますが、今日の目的地は威春王、牛肉麺(ビーフヌードル)で有名な老舗のラーメン屋です。




 そして、ありました。威春王。昔と変わらない店構えです。さあ、早速入ってみましょう。

 

 調理場は、入口近くに立って、店の親父さんが自ら調理しています。スーツをビシッと着こなしたビジネスマンやビジネスレディの姿も見えます。そう言えば、この店に私をはじめに案内したのも、タイ人の銀行マンでしたからね。
 店員に聞くと、牛肉ベースと豚肉ベースのスープがあるようなので、牛肉ベースのセンレックを注文です。何を乗せるかなどとも聞いてきますが、私がタイ語で答えられるのは、ボキャブラリー的にはつみれ(魚丸)しかなかったので、魚丸を注文してみたら、OKとのこと。魚丸があってよかった。


 そして、出てきました。魚丸入り牛肉ラーメンの登場です。唐辛子をかけてからの写真です。旨そうですね。
 タイのラーメン屋では、最後の味付けはお客さん次第です。すなわち、唐辛子、砂糖やナムプラーなどを自分の好みでかけるために、調味料の4点セットがテーブルに置かれています。この店も同じです。タイでは、普通のレストランで注文するときも、メインの食材を言って味付けを細かく調理人に指示します。指示された味付けにできるのが、調理人の腕前です。調理人としてのプライドはどうなのかなどという疑問もありますが、それだけ、タイ人が食に関してはわがままだと言うことなのかもしれません。
 さて、今回食べる牛肉ラーメンのように、味付けがしっかりできているような料理でも、その4点セットを使って自分好みの味にします。初めて食べるのですから、どんな味付けになっているかを確かめてから調味料をかければいいものを、周りの人に引きづられて、スープも飲まないうちに唐辛子をかけてしまいました。

 

 少し麺も見えるようにかき混ぜました。
 そして、食べてみます。旨いです。香港、九記牛?の牛すじラーメンを思い出してしまいました。九記牛?の牛すじラーメンにナムプラーや唐辛子を入れてタイ風にして食べているみたいです。そんな味付けにしたのは私自身なんですけどね。もともと、テーブルにある4つの調味料を入れなかったら、どんな味だったのでしょうか。牛すじも十分に煮込まれていて柔らかくて美味しいですよ。
 いずれにしても旨いです!とにかく旨いです。お代わりしたいくらいです。バンコクのラーメン水準は高いですけれども、この店は旨いですね、やっぱり。
 でも、昼飯か夕飯にはいいけど、朝食べるには、こってりしていて少しヘビーかな。
 お値段、屋台よりちょっと高くて42バーツでした。B級グルメファンの私は大満足です。


 店頭風景をもう一度。
 クロントーイ市場付近には、屋台の店は多いけど、こういうビルの一階にあるラーメン屋さんは少ないので、すぐに分かると思いますよ。
 クイッティオの名店、クロントーイの威春王、私のおすすめです。



 2016年に再訪、威春王の牛肉麺は健在です

 
 久しぶりにクロントーイ市場に来たので、当然のことながら威春王で朝食です。昔と変わらぬ佇まい。故郷に帰ってきたような安心感があります。この日は、早朝7時過ぎくらいですので、まだ、お客さんも少ないです。
 今回気付いたことが一つだけあります。写真では見えないのですが、調理台の透明ガラスに「BEEF NOODLE」という英語表記が貼られていたことです。これは決して過去にはなかったことだと思います。外人客が増えたのでしょうか。

 
 調理場で働く女性です。この子は前もいましたね。スープを作る鍋の横には大きな肉の塊があります。

 
 そうです。牛肉です。いわゆる牛すじです。既にスープの出汁としても使用されていますし、これを小さめに切って麺の上にも乗せてくれるのです。

 
 これまでですと「センレック」とか「センミー」とか言って注文してたのですが、今回は初めて英語で「BEEF NOODLE」と言って注文してみました。すると注文を取りに来たお兄さんが困った顔をしているので、これは麺の種類を聞きたいに違いないと判断し、「センレック」と注文したらニコッと笑って注文を受け付けてくれました。何のことはない。看板には英語が書いてあるけど、やっぱり普通のクイッティオ屋さんと同じでタイ語で注文しないといけないんですね。
 そして、出てきました。ビーフヌードル、センレック。いつもの濃いめのスープに牛すじが乗っています。

 
 そして、まだ食べる前に適当に調味料を入れてしまいます。今回は唐辛子を多めに入れました。

 
 麺をスープから見えるように上に出して撮影しました。美味しそうですね。相変わらず、威春王のビーフヌードルは美味しいです。クロントーイ市場に来たら、やっぱり威春王でクイッティオですね。
 ただちょっと量が少ないので、大食漢の方は大盛りを注文してください。



 威春王の隣のカオマンガイ屋、ソンポン

クロントーイのカオマンガイ・ソンポン
 
 実は前回も気になったのですが、この威春王の左隣に美味しそうなカオマンガイ屋があるのです。ソンポンという小さい店ですがいつも大勢のお客さんで賑わっています。この日はたまたまガラガラですけどね。夫婦で営業している感じです。
 下の写真をご覧ください。店頭にぶら下がっている鶏肉の美味しそうなこと、どうですか? これ見たら、食べたくなってしまいますね。

クロントーイのカオマンガイ・ソンポン
 
 クロントーイに来ると、判で押したように必ず威春王で牛肉麺を食べてしまう私なので、カオマンガイが美味しそうに見えても、素通りせざるを得なかった経緯にあります。この日は、前日の夕食を軽めにしたことや、威春王の牛肉麺を大盛りにしなかったこともあって、まだ食べられそうな胃の状態です。
 とりあえず、クロントーイ市場を散策した後に戻ってきて、空腹感があれば食べることにしましょう。

クロントーイのカオマンガイ・ソンポン
 
 クロントーイ市場を一時間くらい散策してきました。さきほどよりは空腹感が増してきたので、このソンポンというカオマンガイ屋に初めて入ってみることにしました。他のカオマンガイ屋と同じく、カオマンガイ、たれ、そしてスープという組み合わせです。

クロントーイのカオマンガイ・ソンポン
 
 店頭にぶら下がっている鶏肉を見た時に、ふっくらしていて美味しそうだなと思いましたが、実際に目の前に出されると、その感はますます強くなります。ソンポンのカオマンガイはあの有名なピンクのカオマンガイよりも美味しそうに見えるし、肉の量もぐっと多いです。

クロントーイのカオマンガイ・ソンポンき美味い
 
 さあ、タレをかけて食べます。
 これは美味しいです。かなり上質です。ジューシーでふっくらした肉、鶏の香りのするご飯、そして、ピリ辛のたれ。これは隠れた名店です。特に鶏肉が見た通りの美味しさです。
 ただ、どうしたのでしょうか、スープがイマイチです。普通にチキンスープにすれば良いと思うのですが、野菜だしのスープです。これが美味しくないし、カオマンガイの味に合わないです。
 カオマンガイだけなら◎、スープもセットにすると○という評価です。スープを飲まなければ大満足のカオマンガイです。

 この日は一時間ちょっとあけたとはいえ、朝食に威春王の牛肉麺とその隣のカオマンガイを食べてしまいました。ともに美味しかったので苦もなく食べてしまいましたが、さすがに昼になっても空腹にならず、ランチは4時までずれ込んでしまいました。やはり食べ過ぎです。でも、こんなおいしいご飯なのですから、クロントーイ市場に来たら、また牛肉麺とカオマンガイをセットで食べてしまいそうです。


 



アジアグルメ図鑑(バンコク特集)


アジアグルメ図鑑
(バンコク)は
Yahoo! カテゴリに
登録されている
優良サイトです。




あなたは

人目の食いしん坊 です

何を食べたいですか

シーフードが食べたい

海鮮の有名店、ソンブーン
おすすめクアンシーフード
トンブリの名店、ソンポシャーナ
ピーオーのトムヤムクンラーメン
決定版!源利大飯店
(源利大飯店は閉店)
港町マハチャイでシーフード
パタヤビーチのプラジャンバーン
ジョムティエンのリムタレー
ジョムティエンのプーペン

美味しいガイヤーン

ガイヤーンの珍平酒楼
ガイヤーンのラープランスアン
(ラープランスアンは閉店)

美味しいカオマンガイ

ピンクのカオマンガイ
(ガイトーン・プラトゥーナム)

クロントーイのソンポン
緑のカオマンガイ
サウスパタヤのカオマンガイ屋台

 たまには高級店

 スコータイホテルのセラドン
高級レストラン、バーンカニタ
一軒屋レストラン、ワナカーム
日本人向けのプアンゲーオ
激辛、南部タイ料理のプライ・ラヤ

 タイ風中華料理

 ヤワラーでフカヒレ、和盛豊
和盛豊セントラルワールドプラザ店
ヤワラーの陳再裕
ガイヤーンの珍平酒楼
ヤワラーのシャングリラ
人気の中華、クリスタルジェイド

B級グルメが好き

 ピーオーのトムヤムクンラーメン
クロントーイの牛肉麺、威春王
人気タイラーメン店、ルンルアン
クーポン食堂(フードコート)
MKでタイスキ


 どこで食べますか

スクンヴィットで
 スコータイホテルのセラドン
高級レストラン、バーンカニタ
一軒屋レストラン、ワナカーム
日本人向けのプアンゲーオ
激辛、南部タイ料理のプライ・ラヤ
和盛豊セントラルワールドプラザ店
人気の中華、クリスタルジェイド
人気タイラーメン店、ルンルアン

サイアムスクエアで

バーン・クン・メー
クルア・サトーン

ヤワラーのおすすめ店

ヤワラーでフカヒレ、和盛豊
ヤワラーの陳再裕
ヤワラーのT&Kシーフード
ヤワラーのシャングリラ
ヤワラートの屋台街

屋台で食べる

惣菜屋台(おかず屋)でカレー
私の好きなラチャダーの屋台
ヤワラート(中華街)の屋台街

シーロムで食べる

ソムタムの名門「ハイ」
タニヤ近くのシーファー
イサーン料理のノースイーストタイ

トンブリで食べる

海鮮の名店、ソンポチャーナ

東京でおすすめのタイ料理店タムさんのタイ料理レストラン、バーン・タム

 タイ料理の美味しい食べ方

タイ料理の美味しい食べ方 

注文するためのタイ語を覚える
美味しいお店とは?
料理の組み合わせ方

サラダ系メニュー
タイの美味しいスープ
肉料理とシーフード料理
B級グルメ編
(クイッティオ、カレー等)


海外旅行の最新情報 地球の歩き方
海外旅行の最新情報

その他のエリア情報

パタヤのグルメ

シーフードのプラジャンバーン
ジョムティエンのリムタレー
地元で人気のシーフード,プーペン
創作タイ料理 メイズ・アーバン
ナクルアのレストラン、マイタイ
ジェイドンでローカルなタイ料理
ビーチ一望のクーポン食堂
朝食はカオマンガイ
サウスパタヤのカオマンガイ屋台
マッサマンカレー、デンダム
イエローカレー味ステーキ
ナクルアの食堂、ソムタムパパイ
本格的パストラミサンド
カフェ、バゲットのパンとケーキ
バンコクからパタヤへの行き方

チェンマイのグルメ

カオソーイ、ラムドゥアン
旨いカオマンガイの店
惣菜・カレーのアルーンライ
ロットヌンのクイッティオ
ピン川沿いの名店、ターナム

【番外編】
日本で食べたタイ料理
伝説のシェフ、タムさんの店
バーン・タム(新大久保)


サイフォン(東京・小岩)
いなかむら(東京・小岩)
ガイトーン東京(東京・渋谷)
東京カオマンガイ(東京・神田)

 「番外編」
クアラランプールのグルメ
本場のフィッシュヘッドカレー
マダム・クワンズのラクサ