本文へスキップ

おすすめです、美味しい東京カオマンガイ−アジアグルメ図鑑【番外編】

おすすめです。東京カオマンガイ−アジアグルメ図鑑【番外編】

 東京カオマンガイに行ってきました


 カオマンガイは鶏肉をご飯に載せた料理で、タイの大衆料理の定番の一つです。海南鶏飯、海南チキン、ハイナン・チキンライスなどと呼ばれる料理と基本的に同じ料理です。タイで食べたカオマンガイ、あのおいしいカオマンガイを日本でも食べられないのかという思いを持っている人は少なくないと思います。私も常々美味しいカオマンガイを日本で探している一人です。
 それが見つけたのです、東京でおいしいカオマンガイ屋さんを。「東京カオマンガイ」という名の食堂です。この店のマスターが、東京でおいしいカオマンガイ屋さんを作りたいと思ってオープンさせた店だと聞いています。
 JR神田駅の西口から徒歩1分。線路沿いにあります。10数人しか入れない小さなカオマンガイ専門店です。


クリックすると拡大します。


 お昼のメニューです。カオマンガイ専門店と書きましたが、昼のメニューにはグリーンカレーがあり、夜はさらにメニューが増えるようです。
 今日の昼飯はカオマンガイの並みにパクチーをつけて、さらにランチセットです。合計790円は吉野家よりかなり高いけど、まあ、いいか、美味しいカオマンガイが食べられるのですから。




 注文の品が出てきました。
 カオマンガイを注文すると、鶏のスープが付きます。パクチーは100円するのですが、こんなに沢山つけてくれました。左側のサラダとミニサイズのマンゴープリンが100円のランチセットでプラスされます。


 鶏肉の蒸し具合は私好みです。肉の厚みもあって満足度が高いです。タレは三種類から選べて、今日は辛口。タイの調味料、タオチオをベースに唐辛子、にんにく、しょうがが入っています。タレは少し日本風かな。でも、旨い! 十分に満足できます。おすすめです。

 
 
 ご覧の通り、鶏肉の蒸し具合は申し分ありません。国産の上質な鶏肉を使用しているようです。私としてはタレを一工夫してほしいなあと思います。この店のマスターが日本人が食べやすいようにアレンジしたタレでしょうから、タレ自体を変える必要はなくて、例えば唐辛子とかニンニクなどを自分で足せるようにテーブルに置けないものかな、なんて思うのです。
 私のタイ飯仲間の一人は、ここ東京カオマンガイは美味しかった、また行きたいとは言っていたものの、ご飯の味がもっと濃厚な方がいいとは言っていました。
 こうしたことを含めて、さらに美味しいカオマンガイを食べさせてくれるように努力してもらうと嬉しいですね。皆さんも、「東京カオマンガイ」のカオマンガイをぜひ味わってください。

 


 タイで食べた美味しいカオマンガイ


 カオマンガイを食べさせてくれる店はバンコクには本当に沢山あります。
 私のホームページで、従業員がピンクの制服を着て、旨いカオマンガイを食べさせてくれる店がプラトゥーナムの近くにあり、「ピンクのカオマンガイ」として初めて紹介したのが2001年1月ですから、今から12年前です。その後この店は、あの「地球の○き方」などという日本で最も売れているガイドブックにも巻頭で大きく取り上げられるまでになってきていて、日本人にも広く知られる存在になってきています。このお店、「ピンクのカオマンガイ」の名前は「ガイトーン・プラトゥーナム」といいますが、日本ではもう「ピンクのカオマンガイ」という名前が定着してしまいました。
 このピンクのカオマンガイ屋のカオマンガイはどんなものでしょう、見てみましょう。

 
 
 ピンクのカオマンガイ屋のカオマンガイです。
 カオマンガイを注文すると、カオマンガイを乗せたご飯、たれ、そしてスープがセットで出てきます。肉は少なくて見た目には迫力ないですね。でも、食ってみると、旨いんですね。鶏肉は時間をかけてじっくり茹でている感じで、柔らかくてすごくジューシーです。
 また、タレも濃い目のタレなので、私向きです。タレを少しだけかけて食べる人もいるでしょうし、タレを全部かけて食べる人もいるでしょうし、タレの半分だけかける人もいます。お客さんそれぞれの好みに合わせて食べてもらえるように、タレが小皿に入って出てくるのです。
 スープは当たり前ですが、鶏がらスープです。あっさりした飲みやすいスープです。そして、ご飯は鶏がらスープで炊いているので、普通のご飯とは違って濃厚です。

ピンクのカオマンガイは旨い

 で、私は「たれをすべてかけてしまう派」です。カオマンガイがますます美味しく見えます。食べてみると、これがいつも旨いのです。毎日食いに来ても良いくらいなんです。
 たれは濃い目の味噌ベースで、ショウガ、ニンニクに、青唐辛子と赤唐辛子が入っていますが、たれのすくい方によってそれぞれの成分が変わってしまいます。例えば、唐辛子がたくさん入ってくることもあります。ですから、たれの中身をよく見ながらかけてくださいね。私の場合は、辛いほうが好きなので気になりませんが、苦手な方は少し気をつけましょう。
 バンコクにあるピンクのカオマンガイ屋については、こちらを参照してください。




 続いて、今度はタイ北部チェンマイにあるカオマンガイ専門店のキアットオーチャーです。
 チェンマイはタイ第二の都市。適度に田舎で、適度に都会で、私はそんなチェンマイが好きです。寺院や雑貨を中心に見所いっぱいの街です。そんなチェンマイにあるキアットオーチャーは地元の人に人気の食堂です。
 話はそれますが、タイでは、上の写真のように鶏肉が店先にぶら下がっている店がカオマンガイ屋です。

 
 
 出てきました、キアットオーチャーのカオマンガイ。おいしそうですね。スープがセットになっているのは、東京カオマンガイと同じですね。
 この店では、たれの中に入れる唐辛子、生姜、ねぎなどの薬味は、お客さんが好みで取れることになっていて、その薬味が右上の丼に入っています。


 たれは濃い目のたれです。これに唐辛子や生姜を自分なりに加えて食べます。この店に通っているような地元の人にとっては味付けの加減が分かるので良い仕組みなのですが、私のような旅行客にはどの程度入れてベストの組み合わせを作るかは何回か食べないと難しいような気がします。私は心持ち「唐辛子・生姜多め」のたれにしてしまいました。


 キアットオーチャーのカオマンガイは厚切りで、ジューシーです。口の中にカオマンガイの旨みがフワーッと広がります。これは旨い、本格的に旨いです。ライスの炊き加減も大変良いですし、朝から大感激の朝食です。
 東京カオマンガイの鶏肉はここの味に似ているかなと瞬間的に感じました。


 最後に、ラオス国境の田舎町、チェンコーンのカオマンガイ屋さんです。
 私の経験では、チェンマイ、チェンライなど北部タイで食べたカオマンガイで今まで美味しくなかったことはありません。どこで食べたカオマンガイも、一定の水準はキープしており、それなりに美味しいのです。ですから、今回初めて来たチェンコーンでも、カオマンガイが美味しくないはずはないという確信に似たものは持っていました。
 そこで、来たのがこのカオマンガイ屋さん。おばさんの愛想がすごく良いのです。


 チェンコーンのカオマンガイが出てきました。ふっくらしていて芳醇な味の鶏肉です。タレはちょっと辛めですが、私の口には良く合います。ご飯はかなり鶏スープで炊きだした味がして美味しいです。思ったとおり水準の高いカオマンガイです。口の中で鶏肉のうまみが広がります。
 こんな風に、タイで食べたカオマンガイの美味しい体験を、日本でも味わいたい。そんな気持ちになった時、東京カオマンガイに行ってみましょう。期待を裏切らない美味しいカオマンガイが待っています。


 



アジアグルメ図鑑(バンコク特集)


アジアグルメ図鑑(バンコク)は
Yahoo! カテゴリに登録
されている優良サイトです。




あなたは

人目の食いしん坊 です

何を食べたいですか

シーフードが食べたい

海鮮の有名店、ソンブーン
おすすめクアンシーフード
トンブリの名店、ソンポシャーナ
ピーオーのトムヤムクンラーメン
決定版!源利大飯店
(源利大飯店は閉店)
港町マハチャイでシーフード
パタヤビーチのプラジャンバーン
ジョムティエンのリムタレー
ジョムティエンのプーペン

美味しいガイヤーン

ガイヤーンの珍平酒楼
ガイヤーンのラープランスアン
(ラープランスアンは閉店)

美味しいカオマンガイ

ピンクのカオマンガイ
(ガイトーン・プラトゥーナム)

クロントーイのソンポン
緑のカオマンガイ
サウスパタヤのカオマンガイ屋台

 たまには高級店

 スコータイホテルのセラドン
高級レストラン、バーンカニタ
一軒屋レストラン、ワナカーム
日本人向けのプアンゲーオ
激辛、南部タイ料理のプライ・ラヤ

 タイ風中華料理

 ヤワラーでフカヒレ、和盛豊
和盛豊セントラルワールドプラザ店
ヤワラーの陳再裕
ガイヤーンの珍平酒楼
ヤワラーのシャングリラ
人気の中華、クリスタルジェイド

B級グルメが好き

 ピーオーのトムヤムクンラーメン
クロントーイの牛肉麺、威春王
人気タイラーメン店、ルンルアン
クーポン食堂(フードコート)
MKでタイスキ


 どこで食べますか

スクンヴィットで
 スコータイホテルのセラドン
高級レストラン、バーンカニタ
一軒屋レストラン、ワナカーム
日本人向けのプアンゲーオ
激辛、南部タイ料理のプライ・ラヤ
和盛豊セントラルワールドプラザ店
人気の中華、クリスタルジェイド
人気タイラーメン店、ルンルアン

サイアムスクエアで

バーン・クン・メー
クルア・サトーン

ヤワラーのおすすめ店

ヤワラーでフカヒレ、和盛豊
ヤワラーの陳再裕
ヤワラーのT&Kシーフード
ヤワラーのシャングリラ
ヤワラートの屋台街

屋台で食べる

惣菜屋台(おかず屋)でカレー
私の好きなラチャダーの屋台
ヤワラート(中華街)の屋台街

シーロムで食べる

ソムタムの名門「ハイ」
タニヤ近くのシーファー
イサーン料理のノースイーストタイ

トンブリで食べる

海鮮の名店、ソンポチャーナ

東京でおすすめのタイ料理店タムさんのタイ料理レストラン、バーン・タム

 タイ料理の美味しい食べ方

タイ料理の美味しい食べ方 

 注文するためのタイ語を覚える
美味しいお店とは?
料理の組み合わせ方

サラダ系メニュー
タイの美味しいスープ
肉料理とシーフード料理
B級グルメ編
(クイッティオ、カレー等)


海外旅行の最新情報 地球の歩き方
海外旅行の最新情報

その他のエリア情報

パタヤのグルメ

シーフードのプラジャンバーン
ジョムティエンのリムタレー
地元で人気のシーフード,プーペン
創作タイ料理 メイズ・アーバン
ナクルアのレストラン、マイタイ
ジェイドンでローカルなタイ料理
ビーチ一望のクーポン食堂
朝食はカオマンガイ
サウスパタヤのカオマンガイ屋台
マッサマンカレー、デンダム
イエローカレー味ステーキ
ナクルアの食堂、ソムタムパパイ
本格的パストラミサンド
カフェ、バゲットのパンとケーキ
バンコクからパタヤへの行き方

チェンマイのグルメ

カオソーイ、ラムドゥアン
旨いカオマンガイの店
惣菜・カレーのアルーンライ
ロットヌンのクイッティオ
ピン川沿いの名店、ターナム

【番外編】
日本で食べたタイ料理
伝説のシェフ、タムさんの店
バーン・タム(新大久保)


サイフォン(東京・小岩)
いなかむら(東京・小岩)
ガイトーン東京(東京・渋谷)
東京カオマンガイ(東京・神田)

 「番外編」
クアラランプールのグルメ
本場のフィッシュヘッドカレー
マダム・クワンズのラクサ