本文へスキップ

ヤワラーの和盛豊(フアセンホン)でフカヒレと飲茶|アジアグルメ図鑑(バンコク)

ヤワラーの和盛豊でフカヒレと飲茶-アジアグルメ図鑑(バンコク)

 和盛豊(フアセンホン)の地図


ヤワラートの和盛豊(フアセンホン)でフカヒレ 


 バンコクのチャイナタウン、ヤワラートは、チャイナタウンらしく活気あふれる場所です。ここに潮州料理の名店で、フカヒレスープを食わせる店があると聞いてやってきました。「和盛豊(フアセンホン)」という店です。ヤワラー通りとイッセラヌパープ通りが交差するところのすぐ東側にあります。
 写真の通り、赤い壁に鍋を持ったコックさんの絵が描いてありますから、これが目印です。上を向いて歩きましょう。


 お店への入口です。
 このようにレストランへの入口は、調理場の奥になっています。
 以前は、このあたりの天井からフカヒレが下がっていました。改装されて、ちょっと小奇麗になってしまいました。。




 昼飯時に行きましたので、フカヒレスープの前に点心を食べることにしました。潮州料理店ですから、さっぱりしたおいしい点心が食べられるかなと期待しています。
 点心の注文はメニューからもできますが、もう出来上がっているものを持ってきてくれてその中から選ぶこともできます。もちろん出来立ての点心ですよ。この日も、お店が持ってきた点心の中から6種類選びました。エビシューマイ(ハウガウ)、カニシューマイ(これは最高に旨かった)、にら入り蒸し餃子など6種類の点心を食べましたけど、どれも旨いですね。
 香港在住期間の長い私が保証します。これは本場の味です。


 そして、出てきました。フカヒレスープです。
 フカヒレスープも、ピンからキリまであって、これはキリ。私たちは貧乏人なので、一番安いものを頼みました。300バーツでしたでしょうか。鍋一つで4人が十分に食べられます。


 自分のお椀に入れたところです。
 どうです?ウマソーでしょう?フカヒレも沢山入っていますよ。
 香港で食っていたフカヒレに比べると、それは落ちますけど、まあ、4人で900円以下のフカヒレスープですから、文句を言うのはやめましょう。フカヒレをこんな値段で楽しめることに、まずは喜びを感じます。
 まずまず満足です。



 今日の昼飯の仕上げは、焼き飯と焼きそばです。
 まずは、焼き飯。バンコクの他の店でのカオ・パッ・クンに比較すると、やっぱり中華風ですね。でも、ナンプラーをかけて食べると、ちょっと中華風のカオ・パッ・クンになります。旨いですよ、これ。
ところで、エビ入りチャーハンを食べてしまいましたが、この店では蟹入りが人気があるそうです。次回は蟹入りチャーハンに挑戦します。


 焼きそばは、鶏細肉入り焼きそばにしました。
 これはもう中華料理です。中華料理としては、上々の焼きそばです。
 点心といい、フカヒレといい、そして、この焼きそばといい、久しぶりの本場の中国味、満足です。この店、合格です。



 ヤワラートの和盛豊に興味があるならこちらも必見

和盛豊(フアセンホン)のセントラルワールドプラザ店

 この和盛豊(フアセンホン)は、セントラルワールドプラザ(伊勢丹やZENも入居しているショッピングセンター)のレストランフロアーにも支店を作りました。先日、私もこのセントラルワールドプラザの和盛豊(フアセンホン)に行ってきました。

和盛豊(フアセンホン)の点心
 
 和盛豊(フアセンホン)は、セントラルワールドプラザ店でも同じようにフカヒレスープが楽しめます。この日は一人で行ったものですからフカヒレスープはあきらめて点心だけにしました。点心は売り子さんが回ってきますから、そのときに蒸篭の中を見せてもらって注文してください。おいしいですよ。

陳再裕(タンジャイユー)

 ヤワラートでのおすすめレストランには、もう一つ、潮州料理の名店で陳再裕(タンジャイユー)というレストランがあります。バンコクの華人の半分以上が潮州人(潮州は広東省東北部に位置する都市です)ですから、バンコクでの中華料理の名店というと、どうしても潮州料理店が挙げられてしまうのです。
 潮州料理は、広東料理の一派で素材の味を尊重した淡白な味付けが特徴で、麻婆豆腐や海老チリ、回鍋肉といった四川料理(素材が良くないので味付けを辛くして料理の完成度を高めています)とは対極の位置にある中華料理です。日本の中華料理屋さんは、どちらかというと四川料理系の料理を出す店が多いので、潮州料理を食べると「これが中華料理?」という反応をする日本人は少なくありません。潮州料理については、中国深圳の潮州料理レストランを紹介しているページをご覧ください。

陳再裕酒家(タンジャイユー)のオースワン

 さて、この日注文したのは、まず、牡蠣のお好み焼きです。牡蠣のお好み焼きは潮州料理の定番で潮州蠣煎という料理名でよく知られています。(潮州蠣煎については中国深圳の潮州料理レストランのページに写真が掲載されています。)
 私も当然この料理をイメージして注文したわけですが、出てきたのはお好み焼きというよりも玉子とじとでもいうべきもので、潮州蠣煎では決してありません。そうです、いわゆるタイ料理のオースワンなのです。このように、タイに入ってきた潮州料理は、もともとのタイ料理の調理法や味付けとミックスされて、独自の発展をしていったのだと思います。
 このオースワン、ご覧の通り、小粒ですが新鮮な牡蠣がふんだんに使われていて、味付けも良く旨いです。食べたかったお好み焼きではなかったのですが、大満足です。

陳再裕酒家(タンジャイユー)の蟹炒飯

 そして、蟹チャーハンです。蟹炒飯も海の素材をよく使う潮州料理の定番の一つです。でも、唐辛子入りナムプラーを思いっきりかけてしまったので、潮州料理らしいオーダーをしたつもりが、まさにタイ料理のカオ・パッ・プーになってしまいました。
 玉子が炒飯に絡めてあるところが、かろうじて中華料理の名残を残しています。これがまた旨いのです。陳再裕(タンジャイユー)にも勿論フカヒレスープがあって、人気が高いようなのですが、フカヒレだけが中華料理ではありません。家庭料理の中にも、タイ化した中華料理の良さが発見できると私は思うのです。

 

歩くバンコク 2017-2018

 私が愛用しているバンコクのガイドブックはこれ、「歩くバンコク」です。新しいビルが次々に建設されているバンコクの街歩きをするには、最新の地図代わりになるガイドブックが欲しいものです。
 地下鉄やBTS(スカイトレイン)が開通したり延長されたりした結果、バンコクでの私の歩き方は、地下鉄やBTSの駅を中心に考えるようになってきました。この「歩くバンコク」では、主要駅を中心に駅周辺のショッピングやグルメの店を紹介していますので、その点が使いやすいのです。駅ごとに出ている詳細な地図は、私のバンコク歩きに欠かせません。薄くて軽いことも、街歩きの地図としての位置づけからすれば、嬉しいことです。
 さらに言えば、私が買っているのはKindle版です。ご承知のようにKindle版はKindle端末に加え、iPadやAndroid端末でも利用できます。私はiPadにダウンロードしていますから、旅行先にタブレットを持っていけば、ネット環境がない場所でもいつでも自由に情報にアクセスできるのです。これはバンコクの街歩きに欠かせません。

 



アジアグルメ図鑑(バンコク特集)


アジアグルメ図鑑
(バンコク)は
Yahoo! カテゴリに
登録されている
優良サイトです。




あなたは

人目の食いしん坊 です

何を食べたいですか

シーフードが食べたい

海鮮の有名店、ソンブーン
おすすめクアンシーフード
トンブリの名店、ソンポシャーナ
ピーオーのトムヤムクンラーメン
決定版!源利大飯店
(源利大飯店は閉店)
港町マハチャイでシーフード
パタヤビーチのプラジャンバーン
ジョムティエンのリムタレー
ジョムティエンのプーペン

美味しいガイヤーン

ガイヤーンの珍平酒楼
ガイヤーンのラープランスアン
(ラープランスアンは閉店)

美味しいカオマンガイ

ピンクのカオマンガイ
(ガイトーン・プラトゥーナム)

クロントーイのソンポン
緑のカオマンガイ
サウスパタヤのカオマンガイ屋台

 たまには高級店

 スコータイホテルのセラドン
高級レストラン、バーンカニタ
一軒屋レストラン、ワナカーム
日本人向けのプアンゲーオ
激辛、南部タイ料理のプライ・ラヤ

 タイ風中華料理

 ヤワラーでフカヒレ、和盛豊
和盛豊セントラルワールドプラザ店
ヤワラーの陳再裕
ガイヤーンの珍平酒楼
ヤワラーのシャングリラ
人気の中華、クリスタルジェイド

B級グルメが好き

 ピーオーのトムヤムクンラーメン
クロントーイの牛肉麺、威春王
人気タイラーメン店、ルンルアン
クーポン食堂(フードコート)
MKでタイスキ


 どこで食べますか

スクンヴィットで
 スコータイホテルのセラドン
高級レストラン、バーンカニタ
一軒屋レストラン、ワナカーム
日本人向けのプアンゲーオ
激辛、南部タイ料理のプライ・ラヤ
和盛豊セントラルワールドプラザ店
人気の中華、クリスタルジェイド
人気タイラーメン店、ルンルアン

サイアムスクエアで

バーン・クン・メー
クルア・サトーン

ヤワラーのおすすめ店

ヤワラーでフカヒレ、和盛豊
ヤワラーの陳再裕
ヤワラーのT&Kシーフード
ヤワラーのシャングリラ
ヤワラートの屋台街

屋台で食べる

惣菜屋台(おかず屋)でカレー
私の好きなラチャダーの屋台
ヤワラート(中華街)の屋台街

シーロムで食べる

ソムタムの名門「ハイ」
タニヤ近くのシーファー
イサーン料理のノースイーストタイ

トンブリで食べる

海鮮の名店、ソンポチャーナ

東京でおすすめのタイ料理店タムさんのタイ料理レストラン、バーン・タム

 タイ料理の美味しい食べ方

タイ料理の美味しい食べ方 

注文するためのタイ語を覚える
美味しいお店とは?
料理の組み合わせ方

サラダ系メニュー
タイの美味しいスープ
肉料理とシーフード料理
B級グルメ編
(クイッティオ、カレー等)


海外旅行の最新情報 地球の歩き方
海外旅行の最新情報

その他のエリア情報

パタヤのグルメ

シーフードのプラジャンバーン
ジョムティエンのリムタレー
地元で人気のシーフード,プーペン
創作タイ料理 メイズ・アーバン
ナクルアのレストラン、マイタイ
ジェイドンでローカルなタイ料理
ビーチ一望のクーポン食堂
朝食はカオマンガイ
サウスパタヤのカオマンガイ屋台
マッサマンカレー、デンダム
イエローカレー味ステーキ
ナクルアの食堂、ソムタムパパイ
本格的パストラミサンド
カフェ、バゲットのパンとケーキ
バンコクからパタヤへの行き方

チェンマイのグルメ

カオソーイ、ラムドゥアン
旨いカオマンガイの店
惣菜・カレーのアルーンライ
ロットヌンのクイッティオ
ピン川沿いの名店、ターナム

【番外編】
日本で食べたタイ料理
伝説のシェフ、タムさんの店
バーン・タム(新大久保)


サイフォン(東京・小岩)
いなかむら(東京・小岩)
ガイトーン東京(東京・渋谷)
東京カオマンガイ(東京・神田)

 「番外編」
クアラランプールのグルメ
本場のフィッシュヘッドカレー
マダム・クワンズのラクサ